ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
絵本
絵本・本
▲ 色を楽しむ絵本のリストへ
なにをたべてきたの?
絵本 なにをたべてきたの?
岸田 衿子/文 長野 博一/絵
佼成出版社
1,020円(税込)
購入する ブックサービスで購入する 本の購入方法
なにをたべてきたの?


おなかをすかせたしろぶたくんが、りんご、レモン、メロンと、いろいろなものを食べていきます。すると、不思議なことに、食べたものの色が、しろぶたくんのおなかに映し出されるのです。童謡「赤い鳥小鳥」と同じですね。

色とりどりのおなかのしろぶたくんは、みんなの注目の的。お友だちに会うたびに「いつもと すこし ちがうみたい」なんて声をかけられます。やっぱりおしゃれをしたら、誰かに気づいて欲しいものですよね。しろぶたくんはどんどん得意になっていきます。最後は「もっときれいになれるかな」と石けんを食べてしまいますが・・・。

おいしそうに食べるしろぶたくんの顔が大きく描かれているので、子どもたちもいっしょにパクパク食べている気分になります。メロンだって皮ごとペロリ。何でも食べちゃう、食いしん坊のしろぶたくんに影響されて、好き嫌いのある子も、何でも口にしてみるようになるかもしれませんね。

しろぶたくんのおなかを指差して「この色は、何を食べた色かな?」と親子で楽しみながら、読むのもいいですね。

読み終わった後に子どもたちと「これを食べたら、おなかは何色になるかな?」と想像を膨らませてみるのも楽しいですね。意外なお話の続きができるかもしれません。
About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.