ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
絵本
絵本・本
▲ 色を楽しむ絵本のリストへ
三つの色のふしぎなぼうけん
絵本 三つの色のふしぎなぼうけん
アネット・チゾンとタラス・テ−ラ−/作 竹林 亜紀/訳
評論社
2,625円(税込)
購入する ブックサービスで購入する 本の購入方法
三つの色のふしぎなぼうけん


透明なセルロイドのページに、1色ずつ3色の色を重ねると、何色になるかわかりますか?  ハービィといっしょに色の不思議世界を楽しみましょう。

虹を見たことはありますか? この本のハービィは、ある日虹を見ていて、絵を描きたくなりました。でも、家に帰って絵の具箱を開けると、残っていたのは、青、黄、ピンクの3色だけ。色が少なくて、少しがっかりのハービィですが、絵を描いているうちに、この3つの色がいろいろな色の素になる大切な色だと気付きます。

絵本の中で、ハービィの描く絵は、青、黄、ピンクそれぞれが、透明のセルロイド1枚に1色ずつ描かれています。例えば、青色でゾウを描いたページと、黄色で犬を描いたページを重ねると、緑色の動物現れる楽しいしかけです。青いゾウのページをめくると、もう緑色の動物は消えてしまいます。

色を混ぜると違い色に変わる不思議について、ページをめくって遊びながら理解できるようになっているのです。大人もカラー印刷の4色刷りの原理を見ているようで、1色ずつ外していくと、ガラッと変わる絵の様子には関心してしまいます。

この3つの色から、ハービィは何色の色を作ったんでしょう? それは、お子さんといっしょに読んで探してみてください。それから、いつもハービィといっしょにいるの犬のアンジェロの、ちょっととぼけた表情もお見逃しなく!!

読み終わった後は、お子さんと色水遊び。ペットボトルに絵の具をたらしたり、葉っぱやお花を入れて、水と色、色と色とが混ざり合うのを、見つめるのもステキな時間です。
About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.