ユウchanロゴ 絵本とおもちゃで子育て、孫育て
サイトマップ
トップ , はじめての方へ , ユウchan 活用法 , おもちゃ , 絵本 , 辞典 , 本の検索 , リンク集 , ヘルプ
病気とけが
<< 病気とけが情報INDEXに戻る
タイトル 目が赤い
こどもの目が赤くなった時、考えられる病気で一番多いものは、結膜炎です。
ウィルス性や細菌性、アレルギー性、があります。赤ちゃんに多い川崎病も白目が赤く充血します。まぶたの一部が赤く腫れている時は、麦粒腫(俗にいうものもらい)が考えられます。目の周りまで赤く腫れ上がっているときには、眼窩蜂巣織炎も考えられます。その他、多形浸出性紅斑などという病気もあります。
目が赤くなったときに考えられる病気

(1) 結膜炎
子どもにとても多い病気です。目やにと充血が主な症状です。
(2) 流行性角結膜炎(俗にいうはやり目)
アデノウィルスによる感染でおこります。めやに、充血が強く、発熱などの全身症状もでることがあります。多くの場合は自然に治りますが、角膜炎を併発して視力障害を残すこともありますから、眼科でみてもらいましょう。感染力がとても強いので家族内でうつらないよう注意が必要です。
(3) 咽頭結膜熱(俗にいうプール熱)
これも、はやり目とは別の型のアデノウィルスによる感染でおこります。全身症状が主で、のどが真っ赤に腫れ、発熱と結膜炎を伴います。
(4) 麻疹(はしか)
はしかにかかると、初期に微熱や鼻水や咳などの風邪症状と一緒に、結膜炎がみられます。カタル性で結膜の充血が強く、めやにもたくさん出ます。
(5) 細菌性結膜炎
充血やめやにが主症状です。肺炎球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌、淋菌などが原因菌です。そのほとんどに抗生物質の点眼がよく効きます。出産の時に産道で感染することもあるので、産院では予防的に抗生物質の点眼をします。
(6) アレルギー性結膜炎
花粉やダニなどに対するアレルギーの症状として、目が充血します。涙目、まぶたの腫れもみられ、かゆみがあります。猫や犬の毛に対するアレルギーもあります。抗アレルギー剤やステロイドの点眼でよくなりますが、専門医の診察が必要です。
(7) 川崎病
乳幼児に多く、高い熱がでます。心臓の血管に炎症をおこし、突然死がおきることがあるので恐れられています。両眼球の充血はかなり頻度の高い症状です。白目が赤く充血しますがふつうの結膜炎とは違って、めやにはありません。 高熱や発疹など特徴的ないくつかの症状で診断できますが、早期の診断治療が重要ですから疑いがあればすぐに入院治療が必要です。
(8) 麦粒腫(俗にいうものもらい)
まぶたにある分泌腺に黄色ブドウ球菌が感染して化膿することでおきます。まぶたの一部が赤く腫れて痛みがあります。ひどくなると膿がやぶれて出ますが、抗生物質の点眼や眼軟膏がよく効きます。
(9) 眼窩蜂巣織炎
眼球を囲む眼窩軟組織の炎症で、比較的乳児に多い病気です。片側の目の周囲が赤く腫れ上がり、発熱や悪寒などの全身症状を伴います。まぶたや頬が赤く腫れて、眼球も突出してきます。細菌感染による重篤な病気で、骨髄炎、副鼻腔炎など、原因と炎症の拡がりを診断することが重要です。必ず入院して、治療は全身的な抗生物質の投与が必要です。
(10) 多形浸出性紅斑
浸出性紅斑といわれる発疹と、口や目や外陰部の粘膜に病変の起こる病気です。中心は紫青色で、周辺がもりあがったような発疹になります。目は赤く充血し、口の中の粘膜もただれて、食事もとれなくなるので入院治療が必要です。

筆者:野田 正子
About us , ご利用規約 , プライバシーポリシー , 免責 , 著作権 , 動作環境 , お問い合せ
Copyright (C) 2004 Jiscsoft Co.,Ltd & SUN-ART Co.,Ltd All Rights Reserved.